製造業などの産業活動に使用される水を工業用水といいます。日本での水の総使用量の約14.5パーセント(平成19年度)が工業用水で、リサイクル広がりによりその使用量(補給量)は減少傾向にあり、農業用水や生活用水に比べて節水が進んでいます。主な用途は、ボイラー用、原料用、製品処理用、洗浄用、冷却用、温度調節用などです。

工業用水源の比率

 

工業用水のリサイクル

回収率(工業用水使用水量に対する回収水量の割合)については、昭和48年の全業種平均62.0パーセントから、その後の水使用合理化等の進展により平成 18年には78.9パーセントまで上昇しています。
最近ではピンチテクノロジーを利用した水の再使用が、工業用水をリサイクルするうえで最先端の方法のひとつとなっています。