燃料電池システムは、水の電気分解とは逆に、都市ガスを改質して製造した「水素」と大気から得た「酸素」を化学反応させ、発電と排熱を有効利用するエネルギーシステムで、発電効率が40%〜50%と高く、発電負荷率が低い場合でも高い発電効率を維持し、NOx発生量が少ないという特長をもっています。

燃料電池システムの原理

燃料電池は、「水の電気分解」と逆の原理で発電します。水の電気分解は、水に外部から電気を通して水素と酸素に分解します。燃料電池はその逆で、水素と酸素を電気化学反応させて電気を作ります。
酸素(O2)は、空気中にあるものを利用し、燃料となる水素(H2)は、都市ガスの原料である天然ガスなどから取り出します。