病院施設での空調管理は直接患者様に影響がでるため、よりきめ細かな空調管理が必要となります。コハラ株式会社では、空気中の発揮性有機化合物や微粒子・細菌の除去システムと通して、人にやさしい空調システムをご提案しています。また、病院経営に直結する省エネシステムも対応しています。
流下液膜氷蓄熱システム 放熱特性に優れた氷蓄熱装置で、低温冷水を安定供給し搬送動力を低減するシステムです。ランニングコストが大きい病院などには最適です。
揮発性有機化合物低減
システム
人体に悪影響を及ぼすとされる発揮性有機化合物。それらを吸着し空気中から取り除くシステムです。入院患者への負担を低減します。
微粒子可視化 病院の手術室における電気メス使用時の粒子発生や、手術台近辺の粒子挙動を解析して環境の改善を提案します。
ツインセーブ 在席者の有無を検知し、空調・照明を制御することにより不在エリアでの無駄なエネルギー消費削減を目的とした空調・照明一体制御システムです。
手術室空調システム 電気メス使用時の発生粒子を効率的に除去するシステムです。患者、術者双方にとって良好な環境をご提供できます。
抗菌ファンコイル 銅イオンによって感染症や食中毒の原因となる細菌類の増殖を抑制し、増殖菌の再飛散や微生物による臭気がない快適な室内環境をつくります。