精密部品や食品の製造現場では、空気中に含まれている浮遊微粒子が製品のロスや食中毒の原因となります。そこで、多くの製造工程現場では環境のクリーン化を導入しています。一般的にはHEPAなど超高性能エアフィルタを通した空気を送り込み、そして室内から吸い込んだ空気を排気または循環させるシステムを導入しています。 医療現場などではウィルスなどさらに細かな浮遊微粒子を除去する静電式空気清浄機なども活用されています。

空気の清浄度クラス

 

クリーンルームの構造

一方向流は、気流が部屋全体で一定の方向に流れていく気流の方式です。さらに、天井吹き出しで床面一体の吸い込みの垂直流と、壁面吹き出しの逆壁面の吸い込みの水平流に分類されています。塵埃は気流に沿って押し出されるように除去され、レベルの高い清浄度が得られるのが特徴です。
非一方向流は、気流が部屋の中で複雑に流れていく気流方式です。一方向流方式と比べ清浄度は低くなりますが、コストの点でメリットがあるため広く用いられています。